<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ヴォイストレーナーズアドバイス No.26
台風がやって来ています。
みなさま気を付けて!


 ヴォイストレーナーズ アドバイス No.26

『音域は広がる!! 2』


さて、先週の続きですが、

実際に音域を広げて行きたい時に

必ず知っておいて欲しい事があります。


それは、

『声にはチェンジがある』と言う事と

『声にはポジションがある』と言う事です。


通常、女性は声の切り替えが2声区(胸声と頭声)

男性は3声区(胸声と頭声とファルセット)と

今日は考えられています。

(実際は女性3、男性4声区の場合もあります)


お気付きですか?

そう!女性にはファルセットはないのです!


日本では残念ながら今でも

「地声(胸声)で高い所まで出す!」と教えている方が

まだまだ多いのですが、

これは絶対に間違っています!!!


世界水準のシンガーになりたければ

『頭声』を鍛えるべきなのです。

そして、日本のトップアーティストも

殆どがこの『頭声』を制覇している方が多いです。


話を戻して、声にはチェンジ区があります!

このチェンジをしっかりして、ポジションを変えてから

高い声を出す。


女性の場合、鍛えられていない『頭声』は

『裏声(ファルセット)』のように『力のない声』に

なってしまう人が多いかと思いますが、

『頭声』は鍛えれば『胸声(地声)』と変わらない声量に

(それ以上の声量に)する事ができます。


男性の場合も同じです。

『頭声』を鍛えて、ファルセットまでつなげる!

『ファルセット』も鍛えて、頭声と変わらない鳴りを持つ、

これができる事がボーカルを制する事になります。


声を出す時のポジションのイメージは

低めの音を出す時は『胸』に響く感じで、

高い音を出す時は『頭』に響かせるようにする

このイメージトレーニングは大事です。


いいですか!

音域を広げる為にはチェンジをして声を出す☆


これを忘れないでトレーニングに励んでください。

音域は必ず広がります♪


次回は『音域は広がる!番外編』で

低音の説明をします。お楽しみに!


投票よろしく♪ワンクリックで投票してね♪
| 23:59 | ヴォイストレーナーズ アドバイス | comments(0) | trackbacks(0) |









 
この記事のトラックバックURL

http://blog.paragon2004.com/trackback/1077391